「チキン」の「社畜」による「自由」のためのブログ

とある普通のリーマンが社会的な独立または転職を目指す奮闘記。

ぼくはいつ大人になるの?

 この本は、あたかも子どもが哲学者に向けて問いを投げかけているような構成になっており、それに対する何人かの哲学者の回答が記載されています。

 

「子ども」の定義をまずはっきりさせるという意味では、今回のテーマは「子どもの難問」というタイトルの本を読むにあたって、まさにおあつらえではないでしょうか。

 

大人とは、遥かにとおい思いをいだく存在である

熊野 純彦

そもそも「子ども」とは何なのか?「大人」とは何なのか?

 

単に年齢を重ねれば大人になれるんでしょうか。

しかし、中学生くらいの年の子に「大人になったね」と言う場合もあれば、逆に四十も過ぎたおっさんに対して「あいつは子どもだ」なんて言うこともありますから、やはり年齢だけで片付けられる疑問ではなさそうですね。

この「子どもだ」という言葉には、たいてい「自分勝手」とか「自分以外のことを考えない」といった意味が込められています。

子どもとは自分の欲のままに自分勝手に行動しますが、それはその自分の行為で困ったり悲しんだりする周りの存在、つまり「自分以外のもの」の存在をほとんど知らないからです。

 

今回の哲学者さんはそんな背景も踏まえた上で、自分と同じくらい大切なもの、かけがえのないこと、置き換えの出来ない人、そうした何かを知ることが「大人になる入口だ」と答えています。

そしてさらにその大切な何か、かけがえのない何かを失う、大きな何かを諦めることで、その時の切なさや懐かしさ、という「思い」を覚えることで本当の大人になるのだと書かれています。

それまではただの「子ども」、ある意味では「幸福な」子どもであった存在が、じぶん以外のもの、こと、ひとを考えざるをえなくなります。じぶんとおなじくらい大事、あるいはもしかするとじぶんよりも大切ななにかと感じてしまうことになります。

(中略)

ほんとうに「大人」になるためには、その大切ななにか、かけがえのない或るものを失うこと、大きななにかを諦めることが必要な気がします。

れまで「子ども」だったものは、そのとき、「切なさ」とか「懐かしさ」を覚えることになります。「切なさ」や「懐かしさ」は子どもには理解しにくい感情なのです。

 

人生生きていれば、好きな人と別れたり、大事な人を失ったり、夢破れて諦めてしまったり、辛いことも色々あります。

でもそうした経験が、自分を大人にしてくれるんだと思うことが出来たなら、そうした人生の苦労にも、意味を見出せるような気がしませんか。(^^♪

子どもの難問

次に読む積ンドク本は「子どもの難問」という本です。

 

f:id:cherrybombom:20170821215943j:plain

この本を購入したのは、自分が新卒として就職活動をしていた頃だったので、今から3年程前に買ったものだったと思います。

就職面接の帰りにバスの中で暇になるからと、駅の本屋で見つけて購入したのですが、帰りのバスで少し読んだっきり部屋の片隅で読まれずに、いわゆる「積ンドク」本になっていた本です。(笑)

 

確かに、子どもというのは大人に比べれば知識も浅く、経験も少なくて自分勝手だったりしますが、逆に言えば大人よりも純粋で偏見や思い込みなども少ないので、時に大の大人でも返答に困ってしまうような「難問」を投げかけてくることがあります。

  • 「なぜ勉強をしないといけないのか?」
  • 「死んだら人はどうなるのか?」

  • 「頭がいい、悪いって何なのか?」

  • 「悪いことはなぜしてはいけないのか?」

大人になって、いつの間にか「当たり前」にしてしまっていた子どもの難問。

 

自分も転職をした事で、前の職場での経験や立場、そして人間関係もすべてなくなった今、「つまらないプライドも偏見も意地も、子どものようにすべて捨ててスタートだっ!」ということで、今回は子どもたちの様々な疑問から哲学的な人生のヒントを得たいと思います。

 

終章 未来へ続く扉

最後の章では、著者はこれまでのご自身の人生を振り返って、後悔が1つもないと言ったら嘘になるが、心から幸せだと感じることが出来ると語っています。

 

自身がプロデュースしたという2015年の近畿大学の入学式での祝辞で登壇した時の気持ちを著者はこう綴っています。

僕は決してひとりじゃない。

生きてさえいれば、人生には、

何度でも新しい扉を開くチャンスがあるのだ。

今この場にいる近大の新入生に、「これが間違いだったとかやっぱりああしておけばよかったとか過去を後悔するのではなく、失敗を含めて色々あったけど、結果的にこの道を歩いてきてよかった。この道を歩いてきたから、今こうしてここにいる。だからこんな経験が出来た。だから〇〇と出会えた。そう思えるような、そんな人生にしていこうよ!」と心で語りかけていた。

自分も何かと引きずってしまうタイプの人間なので、よく昔のことを思い出したりして「ああしておけばよかった。」とか、「あの時こうしていれば今頃は……。」と、よく過去の事を考えたりすることがあります。

特に以前の職場が辛くて、転職を考えてた頃は、余計にでした。

 

変えることの出来ない過去を悔やんでもどうしようもないですし、そんな事を考えているとせっかくの未来も台無しにしてしまいます。

これからどんな人と出会って、どんなことをして、どんな人になって生きていけるのか。

そんな風に未来に目を向けて生きていくような考えを持てるようになれば、著者のようにどんなことがあっても「自分は幸せだ」と思える人生が送れるのかもしれませんね。

 

今まで支えてくれた多くの人たちへの著者からの感謝の言葉で、この本は締めくくられています。

 

著者がこの本を書くことで、伝えたかったこと。

それが最後に記されているので、引用させていただき今日は終わりにします。

 

本当の幸せとは何なのか。

その答えとなるヒントが、この最後の言葉に込められているような気がします。

 

そして、最後に。

今の僕がこの本を通じて、本当の本当に言いたかったこと。

長々といろいろ書いてきたけど、突き詰めれば、実はたったの一行なんだよなぁと思う。

 

「僕は妻を愛している。子供たちを愛している。だから、生きる。」

 

ただそれだけだ。

第5章 永遠の別れ

ついに著者が手術によって、声帯を全摘出することになります。

 

モーニング娘。のニューヨーク公演を見届けてから、日本に戻ってきて手術を行ったそうですが、この時の喉の状態はかなり悪化しており、帰りの機内では普通の呼吸も出来ない状態で酸欠による頭痛も併発していたと言います。

 

歌手が声を失う。

 

大好きな歌を歌うという事が出来なくなるという事は、信じられないくらい辛く苦しいことだと思います。

自分が大事にしている物を奪われる訳ですから、それこそ自分の最愛の人や子供と永遠の別れをするのと同じような感覚なのではないでしょうか。

自分は歌手ではありませんが、自分がもし突然そんな事になってしまったら、生きる意味さえも失ってしまうかもしれません。

 

しかし著者は強い意志をもって、今まで支えてくれた家族と一緒に生きるために「大事にしてきた声を捨てる」という決断をしました。

歌手として一番大事にしてきた声を手放す。

そして、僕は、生きる道を選ぶ。

歌えなくなれば仕事に支障は出るけれど、工夫次第できっとなんとかなるはずだ。

今、手術すれば生き残れるんだ。

それで十分じゃないか!

この状態でそれ以上、何を望むんだ!

と、自分に語りかけていた。

 結論は出ていたと語る著者ですが、しかし最後まで心は揺れていたと言います。

手術の前日、これが最後になるであろう自身の声で奥さんと子供たちに語りかける場面がとても印象深いです。

 ゆっくりと小さな声で子供たちと話をした。

長男には、「お母さんの言うことをよく聞きなさい。この家で唯一の男の子なんだから、お母さんのことを助けなきゃダメだよ」。

長女には、「素敵な声をしてるんだから、歌の練習をもっとしようね。お父さんの分も歌うって前に言ってたもんね」。

次女には、「お姉ちゃんを見習ってお勉強も頑張るんだよ。大好きだよ……」。

それぞれに短いメッセージを伝える。

 

本当にありきたりなこと。

どんな親でも言うようなこと。

 

これが、自分の声帯で発した子供たちへの最後の言葉だ。

その後、妻にもいくつかのメッセージを伝えて、最後に、いろんな口調で、妻の名前を何度も読んだ。

これからも、何万回となく呼べるものだと思っていた、妻の名前……。

妻は泣きながら、僕の声を聞いていた。

 友達と何気ない話をする、笑い声を出して笑う、大好きな人や子供の名前を呼ぶ、「ありがとう」と人に感謝を伝える、「ごめんなさい」と人に謝る……。

 

声を出すことが出来るのは、決して当たり前ではなく恵まれているんだと、改めて感じさせられました。

 

声で発する言葉は人を傷つけたり悲しませたりすることも出来るし、はたまた喜ばせたり元気にしてあげることも出来ます。

 

皆さんは神様が与えてくれたその恵まれた声を、どんな風に使いますか?

 

オフホワイトです。

今日はこれから新しい職場での飲みが入りました。

次の職場の方は、かなり飲まれる方が多く既に今日も二次会ありきなので、今日は読書の感想を更新出来なさそうです。(⌒-⌒; )

 

毎日更新が基本なので、今後無理な場合はこうして「更新出来ない宣言」をして更新をするという、ほぼ反則に近い手段で続けて行こうと思いますので、どうぞよろしくお願いします。(笑)

第4章 守るべきもの

4章では、つんく♂さんが奥さんと結婚してからの夫婦生活、奥さんの妊娠、子供が産まれてからの家族での暮らしの様子がとても幸せそうに描かれていました。

 

ただ今回は、別に「仕事とは…」とか「人生とは…」みたいな事は述べておらず、ほとんどは結婚してからのつんく♂さんの考え方や価値観の変化だったり、結婚生活や子供が産まれてからのノロケ話がほとんどという感じでした。(^-^;

 

なので、家庭も持っておらず結婚の予定も特にない自分にとっては、共感するのが難しい章でした。(笑)

 

でも自分のように、まるで人生の教えを乞うような感覚で意気込むのではなく、気楽に読んだり子供や家庭のある方が読んだりすると、結構共感できて面白いのではないでしょうか。

 

最後につんく♂さんが奥さんや子供と一緒に過ごせる幸せについて書かれた部分が、とても素敵だと感じたので少し引用させていただきます。

 妻と子供がいて、僕が生きる意味を感じる。あるのは充実感。趣味も遊びも特に要らない。だって充分、満たされているからだ。ジョンとオノ・ヨーコが実際にどんな生活をしてたかなんて誰にもわからないが、僕たちが知っている、ジョンが見せた家族ありきのクリエイションのように、僕は妻と子供たちがいるから、今の作品があり、僕の存在意義があると考えている。

こんな幸せなことはないでしょう?

これが僕の言うところの「ジョンとヨーコの法則」です。

 

つんく♂さん、私にとっての「オノ・ヨーコ」が現れる日は来るのでしょうか?(´;ω;`)

第3章 仕事漬けの日々

この章では少し時間を遡り、つんく♂さんがシャ乱Qとして上京してから現在に至るまでの日々が描かれています。

つんく♂さんは当時の事を振り返って、シャ乱Qとしてブレイクして忙しくなってからの不健康な生活が病気を引き起こしたんじゃないかと今でも悔やんでいるそうです。

 

タバコ、酒、夜型の不規則な生活、睡眠導入剤抗生物質、痛み止め、点滴…

その生活の内容は私が想像していたよりかなり無茶なものだったので、読んでいてとても驚きました。(;'∀')

 

章の後半には、奥さんとの馴れ初めについても書かれているのですが、そこでつんく♂さんが当時付き合っていた奥さんに、「人に一番大事なものは感謝である」と語っています。

 

私もこれまで、成功をおさめた人や幸せな人生を歩んでいる人の本を何冊も読んできましたが、そういう人たちに共通している事は「感謝することを大事にしてる」ということ。

いつも支えてくれる人にはもちろん、何かを実現しようとしてぶつかった壁や障害にさえも成長させてくれた事に、感謝の意を示すんですよね。

 

私もぶち当たった壁に感謝の意を持てるぐらいの強い大人になりたいです。