読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「チキン」の「社畜」による「自由」のためのブログ

とある普通のリーマンが社会的な独立または転職を目指す奮闘記。

「勘違い」の力 その1

読んだ項目:何かを得るには、まず何かを捨てる。

 何を捨てて何を手に入れるか。

 人生においては、この「捨てる」という選択肢も重要である。

 何かを失うことは「失敗」と捉えられがちだが、「捨てること」=「失うこと」ではない。得たいものの為に自らの意志で捨てるのであり、捨てる時は潔く自らの意思決定で行うこと。

 失うことを恐れる人は、過去を抱きしめて未来の可能性から目を背けている。

 「過去の自分と未来の自分のどちらに価値を置くのか」を考えてみることで、今のあり方が変わってくる。

 たとえその取捨選択をしたことで、苦しくなったり、切なくなったり、何もなくなったと思ったとしても、「今ここに自分がいること、存在していること」が真実であり、答えである。

 自分があれば、また始めることが出来るし、信じていける。本当に問題なのは過去を失うことではなく、未来の自分を見捨てることである。

 自分が置かれている環境が環境なだけあって、今回の項目に書かれていた言葉はとても心に響くものがありました。

 転職をすると、今まで教えてもらった知識や慣れ親しんだ環境や仲間を「失う」ことになります。そうした不安もあったりして、今の仕事を続ける覚悟が出来ない中でも何だかんだでここまで今の仕事を辞められずにいる自分がいます。

今まで色々教えてくれた職場の方や上司の方を裏切ってしまうんじゃないか。

 残された人たちの負担が大きくなるんじゃないか。

 周りの人に「あいつは逃げた」と思われるんじゃないか。

  最近はより具体的に転職するイメージを持つほど、そんなことを仕事の無い日でも常に考えるようになってしまっています。(-_-;)

 そして考えることが辛くなると、ときに「今の仕事で我慢してしまおうか」なんて思ってしまうこともあるんですが、それは未来の自分を見捨ててしまうことになるんですね。

 たとえ転職という選択をして、さらに悪い状態になったりすべてを失うことになったとしても、「今ここに自分が存在して」さえいれば何度でもやり直せます。

 今まで見えてなかったそんな大切なことに気付かされたように思います。

 

・今日のツモレバ!!

 人生において「何かを得よう」とするときは、自らの意志で潔く「何かを失う」選択をすることが大切!

 たとえその選択で苦しくなったり、辛くなったとしても「今ここに自分がいること、存在すること」が究極の真実であることを覚えておく!

 本当に問題なのは過去を失うことではなく、未来の自分を見捨てること!

「心」の法則 その1

読んだ項目: "have to "の束縛から逃れる。

現代の日本は基本的に、「自分が真にやりたい事」すなわち "want "を追求し、実現しやすい環境だが実際は、大人になるにつれて大勢の人が自分の "want "を諦めている。

 そのほとんどは「自分に出来るはずがない」「親が反対している」などの理由を自分で作ってしまっている。

 このように自分の "want "を妨げるいろいろな制約を "have to "と言う。

  他人や周りから押し付けられた" have to "も、繰り返し経験すると無意識のうちに自分が望んだことのように思い込んでしまう。

 英語で「~しなければならない」という表現には、"have to" と " must"があるが、mustは自分から選んだ主観的な義務や責任のことで、「家族を養わなければならない」とか「仕事で成果を挙げなければならない」などがこれにあたる。

 ただ、こうした制約を厳格に貫こうとしすぎると、自分を追い詰めて苦しくなってしまうため、"want " と”must ”のバランスを上手くとることが大切である。

 

 仕事、結婚、育児、介護、お金...人は生きていると様々な制約を背負うことになります。

 自分で「やりたいことをする」ための本をテーマに選んでおいて、こんなこと言うのもアレなんですが、正直私はこの制約を背負うのが嫌であまり結婚とかもしたがらない傾向があります。

 まぁ、自分が一生ものにする仕事に迷っている時点で、誰かを養っていく余裕もないのも事実なんですが。(-_-;)

 自分の面倒も見きれていないのに、誰かの面倒を見るなんて私は出来ません!(笑)

 でも、本当はそういった制約がある中でも自分のやりたいこととその制約のバランスを上手くとりながら、生きていくことが大事なんですね。

 

・今日のツモレバ!!

 自分の中にある"have to"(他人や環境から押し付けられる外的な制約)"must"(自分自身で選んだ内的な制約)"want"(自分が真にやりたいこと)をそれぞれ区別した上で、そのバランスを上手にとることが大切!

人生は、「本当にやりたいこと」だけやれば、必ずうまくいく はじめに

 今日からこちらの本を読んで、自分なりに学んだところや気づいたところをご紹介していきたいと思います。

 元々、私自身が今の仕事を続けていくことに限界を感じていることもあって、自己啓発の一つのテーマとして、「自分がやりたいこと」というのを持っているのですが、今回はそんな中で見つけた一冊となります。

 この本の著者の方は、東京を拠点としてメンタルトレーナーとして活動されている方で、これまでに様々なトップアスリートや、企業経営者などのメンタルトレーニングを行い、才能を開花させたことで注目を浴びているそうで、現在は個人向けのメンタルトレーニングを行ったり、テレビやメディアにも出演されているようです。

 

・読んだ項目:はじめに

 

  もし自分の人生はこれくらいのものだと諦めかけているとしたら、それはもったいないこと。

 自分の実力だと思っている力は、ほんの一部にしか過ぎず、心の中にはまだ気づいてない「潜在意識」と呼ばれる部分が全体の約90%も残されている。

 自分の限界を決めているのは、他でもなく自分自身の「心」である。

 人生には躓きや逆境、挫折が必ず訪れるが、上手くいかないのは自分に能力がないからではなく、自分が本来持っている能力、つまり潜在意識の生かし方を知らないだけである。

 ほんの小さなきっかけと気づきさえあれば、人生は驚くほど変わる。

 誰もが自らの人生を、自分らしく充実させて生きるための簡単な方法は、自分の潜在意識の中に眠っている「本当にやりたいこと」を掘り起こすこと。

 それができれば、あなたの人生は一瞬にして変わる。

  メンタルトレーニングに携わった方というだけあって、はじめにのページを読むだけでも、私は何だかまだ頑張れるような気もちになります。

 今までに多くの方の「心」と向き合ってきたからこそ、こうした説得力のある言葉が出てくるんでしょうね。

 「もしかしたら自分でも、人生を変えることが出来るかもしれない」

 そう思えるようになっただけでも、少しは潜在意識を生かせるようになったんでしょうか。

 

・今日のツモレバ!

 人の心には、自分でも気づいていない「潜在意識」と呼ばれる部分が90%も残されている。

 自分の限界を決めているのは、他でもない自分自身の「心」である。