「チキン」の「社畜」による「自由」のためのブログ

とある普通のリーマンが社会的な独立または転職を目指す奮闘記。

僕と、合格証書と、ときどき妄想

こんばんは。

 

先日英検から封筒が部屋に届いており、恐る恐る開けてみると中に成績書と合格証書が入っていました。

 

ということで、何とか無事3級合格することが出来ました!

 

f:id:cherrybombom:20160725194800j:plain

 

二次の面接は正直自信がなかったので心配していたんですが、一次試験が満点だったおかげで何とか合格することが出来ました!(笑)

 

思えば英検の申し込みをしたのが5月の初めなので、早いものであれから約2ヵ月がたったわけですね。そして、自分は今「2ヵ月前の自分」が持っていなかった英検3級という資格を手にしています。

 

余談にはなりますが、この英検3級という資格は「2か月前の自分」が「今の自分」のために実際に行動を起こして試験の申し込みをしてくれたから得られたものです。

そう考えた時に、日頃から妄想癖のある自分は、なぜか『「今の自分」が「2ヵ月前の自分」に感謝の気持ちを伝える妄想』をしてしまったんです。(笑)

 

「今の自分」は部屋に届いた封筒を開けていて、その後ろ姿を「2ヵ月前の自分」が見守っています。2人の間には二車線の道路の幅くらいの距離があって、なぜかそれ以上近づくことはできません。

2人ともいつもの私服姿ですが、互いに過ごした季節が違うため、「今の自分」は半袖に短パン、「2ヵ月前の自分」はジーパンに長袖のシャツ姿です。

でも、背景は真っ白で何にもないので、なんだか宙に浮いているように見えてしまいます。

 

「今の自分」が合格証書を見つけて振り変えると、少し声を張って「ありがとー!」と呼びかけました。すると「2ヵ月前の自分」安心した様子で、照れ臭そうに手を振り返してくれました。

 

そして、手を振り終わると2人の間の距離が徐々に開いていき、「2ヵ月前の自分」はやがて見えなくなってしまいました。

 

実際に妄想してみると、何だか不思議で少し恥ずかしい気もしたんですが、これはこれでそんなに悪くない気分です。

 

「自分が自分に対して感謝する」なんて頭がおかしいんじゃないか?と思われるかもしれませんが(笑)、たまにはこんな妄想みたいな考え方も面白いのかななんて思います。

 

少しずつですが、成長している自分を感じることが出来て、それがとても嬉しいです。

 

最近あんまり良いことがなくて、弱音を吐くことが多くなりがちだったんですが、今回の3級合格でまた元気が出ました。

 

そして、次なる目標はもちろん「英検準2級合格!」です!

 

少しずつでも私は私のペースで、また頑張ります。

 

次妄想したときにも、「今の自分」が「1年後の自分」「5年後の自分」「10年後の自分」から「ありがとー!」って言ってもらえるように。