「チキン」の「社畜」による「自由」のためのブログ

とある普通のリーマンが社会的な独立または転職を目指す奮闘記。

第4章 守るべきもの

4章では、つんく♂さんが奥さんと結婚してからの夫婦生活、奥さんの妊娠、子供が産まれてからの家族での暮らしの様子がとても幸せそうに描かれていました。

 

ただ今回は、別に「仕事とは…」とか「人生とは…」みたいな事は述べておらず、ほとんどは結婚してからのつんく♂さんの考え方や価値観の変化だったり、結婚生活や子供が産まれてからのノロケ話がほとんどという感じでした。(^-^;

 

なので、家庭も持っておらず結婚の予定も特にない自分にとっては、共感するのが難しい章でした。(笑)

 

でも自分のように、まるで人生の教えを乞うような感覚で意気込むのではなく、気楽に読んだり子供や家庭のある方が読んだりすると、結構共感できて面白いのではないでしょうか。

 

最後につんく♂さんが奥さんや子供と一緒に過ごせる幸せについて書かれた部分が、とても素敵だと感じたので少し引用させていただきます。

 妻と子供がいて、僕が生きる意味を感じる。あるのは充実感。趣味も遊びも特に要らない。だって充分、満たされているからだ。ジョンとオノ・ヨーコが実際にどんな生活をしてたかなんて誰にもわからないが、僕たちが知っている、ジョンが見せた家族ありきのクリエイションのように、僕は妻と子供たちがいるから、今の作品があり、僕の存在意義があると考えている。

こんな幸せなことはないでしょう?

これが僕の言うところの「ジョンとヨーコの法則」です。

 

つんく♂さん、私にとっての「オノ・ヨーコ」が現れる日は来るのでしょうか?(´;ω;`)